【バーチャル雪まつり2022 × 劇団四頭筋】新公演②「100年後の星たちへ」

By紅花/Koka

2月 10, 2022
「100年後の星たちへ」キービジュアル 提供/劇団四頭筋

 clusterとVRChatにて2/5~開催中の「バーチャル雪まつり2022」×「劇団四頭筋(げきだんしとうきん)」のコラボイベントとして、新公演が2/9・2/10の連続2夜で行われます。第二夜目の公演「100年後の星たちへ」は、【100年後のミライ】をテーマにしたMR(Muscle Reality)舞台エンターテイメント。

「100年後の星たちへ」公演情報

2022年2月10日(木)
開場 22:45 / 開演 23:00
会場 cluster ( スマホ / タブレット / PC / VR から参加できます ) 
   ※下記URLから入場可能
   https://cluster.mu/e/0babb5d0-e247-460f-ad9b-017dd2a3d076
入場定員 500名
入場料 無料

▼YouTube配信
https://youtu.be/0MpY83LEgSs

あらすじ

 2122年のミライからKIN-NETで2022年のV雪会場にやってきた星たちが、冷えたセカイを雪融けさせるためにアツいパフォ―マンスを送るMR(Muscle Reality)舞台エンターテイメント。
冷たく凍り付いた絶望のセカイにしてしまったのは、一体誰だ!?
そして、それを溶かす力を持っているのは……?

他人事ではない、自分事としての体験を生む、MR(Muscle Reality)舞台エンターテイメント。
それが、劇団四頭筋です。

主人公は、あなただ…!

劇団四頭筋キャスト(敬称略)

レトロツアーガイド:さく
アイ:筋ツナ愛
清楚:うをん
魔法:シュネー
平和:てつじん
絶望と闇:リーチャ
ギター:sak
タイムキマシン:歩留マリ

【camera work】
るーしっど

【Key Visual】
漆藤よもぎ

【脚本・える】

えるさん よりコメント

「バーチャルミライ雪まつり」が「100年後のミライ」を想定し、メタバースの先を想い描き、「雪融け」をテーマとしている点にも深く共感しました。

ミライを皆でつくるために。

これからも皆がずっと輝き続けるために。

私たちには何ができるだろう?

祈るような願いを込めて脚本を書きました。

私自身が、3年前にバーチャル空間で生を受けた時から「輝く星を創りたい」とずっと想い続けてきたことは、この舞台で具体化されると信じています。


「バーチャル雪まつり2022~創造せよミライの雪まつり~ (V雪2022)」
 2/5(土)〜2/12(土)まで開催の公式さっぽろ雪まつり公認イベント。テーマは「100年後のさっぽろ雪まつり」。世界中のVRアーティストから募集した50体の雪像と雪まつりワールドがバーチャルサッポロを彩ります。NPO法人バーチャルライツ後援。
バーチャル雪まつり2022 公式Twitter:https://twitter.com/VRSnowFes
バーチャル雪まつり2022 バーチャルミライ大通公園(clusterメイン会場):https://cluster.mu/w/193e7daf-94e3-4f01-bfaf-8f535aabc30b
バーチャル雪まつり2022 雪像会場:https://cluster.mu/w/9099897a-36ec-4085-b266-2f4ff61937b3

「バーチャル雪まつり2022」イベント情報ポスター 提供/バーチャル雪まつり2022

紅花/Koka

cluster新聞部記者。NPO法人バーチャルライツ公認第1期VR文化アンバサダー。芸術と教育分野に関心が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。