かめぬこさん「シャッフルクラフト」参加秘話インタビュー

 2022年6月の「clusterお題企画」として開催された「シャッフルクラフト」。Cチームで参加されたかめぬこさんへインタビューを行いました!

clusterお題企画とは?
毎月発表されるお題に沿って期間内に制作物を投稿していただく企画です
cluster公式番組「Hello Cluster」にて、企画や結果の発表を行っています!

cluster公式noteより引用

 「シャッフルクラフト」とは、参加者がランダムに振り分けられたチームに分かれ「ワールドクラフト」を使ってテーマに沿ったワールドを制作するという企画です。期間は5/31~6/19と3週間にわたり、追加ミッションをこなしながら制作します。詳細は以下cluster公式noteをご覧ください。

2022年6月のお題企画「シャッフルクラフト」

「シャッフルクラフト」チームリスト&制作テーマ・追加ミッション一覧

――自己紹介をどうぞ!

かめぬこです。普段は主に癒し系ワールドで遊んでいます。シャッフルクラフトではCチームのメンバーとして『遊園地』『古代遺跡』『九龍城』を担当しました。

――なぜシャッフルクラフトに参加しようと思ったのですか?

普段はスマホからしかclusterを開かずUnityのワールド制作も未経験なのですが、ワールドクラフトならばスマホでも作業できるので参加してみました。

――シャッフルクラフトで一番大変だったワールドや作業はなんですか?

3週目に担当した『九龍城』ではカオスなスラム街の圧迫感を目指し狭い道や部屋になるように建造物を増やしていったのですが、狭い所でのアイテム配置に少し苦戦してしまいました。

――シャッフルクラフトで自分が作ったワールドの中で、一番のお気に入りや見てもらいたい場所はどこですか?

『古代遺跡』では「遺跡の柱」というアイテムを沢山並べて塔や神殿を装飾してみました。時間に限りがあるので大規模な建造物は作れませんでしたが、このアイテムはまだまだ組み合わせ次第で色々な模様や建物を表現出来そうな気がしているので、覗いて頂けると嬉しいです。

―― 一人でクラフトするのとチームでクラフトするのとでは何か違いはありましたか?

一人でのクラフトならば全体が綺麗にまとまったワールドにしやすいかもしれませんが、参加者それぞれのアイディアが凝縮・錯綜しているワールドはチームならではで、制作しながら発見もできるという楽しさがありました。

――シャッフルクラフトのワールドで撮影した写真で、とっておきのものを見せてください!

1週目に担当した『遊園地』では、動かないアトラクションでも遊べるように、椅子を使って「かろうじて座れるメリーゴーランド」「頑張ればゴンドラに入れる観覧車」などを作りました。

――かめぬこさん、インタビューにお答えいただきありがとうございました!

 ほかにも、かめぬこさんが作ったフォトジェニックなスポットがいっぱい!スマホだけでこんなに作れちゃうなんて驚きですよね。皆さんもぜひワールドクラフトで仲間と一緒に創作に挑戦してみてはいかがでしょうか。

紅花/Koka

cluster新聞部記者。NPO法人バーチャルライツ公認第1期VR文化アンバサダー。芸術と教育分野に関心が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。