VR文化を守るNPO法人は何してる?

ByClusTimes

9月 12, 2021

 2021年3月29日、「KEEP VRCULTURE BEST:なりたい自分でいれる世界を」を標語とするNPO法人、バーチャルライツが設立されました。

 表現規制勢力から表現の自由を守るほか、クリエイター・ユーザーの権利を擁護しVR文化の発展に寄与することを設立の目的としています。当記事ではNPO法人バーチャルライツの活動についてざっくりと紹介します!
①政策提言

 権利や文化を守る活動には政策提言が欠かせません。文化庁の著作権制度関連の会合出席者にVRコンテンツを取り巻く著作権制度への疑問、改善提案をまとめた資料を提出した他、国会議員連盟に「若手アーティスト・クリエイターへの経済的支援拡充」を訴える要望書も提出しました。

②VR文化の周知活動

 VR文化を広く一般に知ってもらうことを目的としたイベント開催や、イベントへの協賛活動も行われています。VRで撮った写真が対象のフォトコンテスト「VR写真大賞」は日本赤十字東京都支部が後援しており、VR文化の公益性を示しています。

③勉強会開催

 有識者との意見交換も重要な活動の1つです。法務博士や某区議会議員、元国会議員秘書そしてキタリナ店長が出演した「VRCitizen Conference:VRと表現の自由」では表現規制の動向と今後のVRでの表現について熱い意見交換がなされました。(YouTubeで視聴可能)

 今後もVR文化の発展に寄与するような活動が行われる運びとなっていますのでぜひご注目ください!

(バーチャルライツ理事長 すかねき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。