ワールドクラフト新アイテムリリース記念イベント「Cluster Creator’s Cafe Night( #CCCNight )」イベントレポート

 スマホからでも簡単にワールド制作ができる「ワールドクラフト」機能に新アイテムパックがリリースされたことを記念し、cluster公式が特別イベント「Cluster Creator’s Cafe NightCCCNight)」を開催しました。イベントは、5月2日(月)に第1回 18:00~、第2回 21:00~と二部(イベント内容は同じ)で実施されました。

イベント会場の様子

 アップデートを心待ちにしていたclusterユーザーがイベント会場「Cluster Creator’s Cafe」へ一挙に集い、イベントは大盛況。筆者が参加したのは第2回の部で、先に行われた第1回と同内容のイベントとなっていましたが、中には第1回から続けて参加する熱心なユーザーもいたようです。

 思わず2回とも参加してしまいたくなる「CCCNight」のイベント内容は以下のとおり。
①「CCCNightでしか聞けない話」
②新アイテム「サバイバルゲームパック」の紹介
➂イベント参加者限定企画・新アイテム「サバイバルゲームパック」を非公開の特別ワールドで体験!

 YouTubeでの同時配信はなく、現地でイベントに参加した者だけが限定で聞ける・体験できるという事を前面に押し出したイベントとなっており、かなり貴重で充実した内容でした。それでは順番にレポートしていきます!

①「CCCNightでしか聞けない話」

 クラスター株式会社のプロダクトマネージャーTommy(トミー)さんによる「ワールドクラフト」開発裏話が聞けるコーナーです。大人気アイテム「トイレ」の話や、リリース時の広報に使用するPVのワールド制作と撮影についての苦労話など貴重な裏話が次々と飛び出しました。

 イベント参加者からの質問もコメントでたくさん寄せられ、ワールドクラフトでもBGMを流せるようになる予定であるという話や、clusterの「ホーム」を自作のワールドに設定できるようにする話も持ち上がっている等、これからのアップデートに期待ができる回答を聞くことができました。なかには参加者から開発者を労うようなコメントもあり、ユーザーと開発者の和やかな交流の機会となりました。

(左)MCの「ちゅうにー」さん・(右)PMの「Tommy」さん

②新アイテム「サバイバルゲームパック」の紹介

 リリース内容はイベント開始前にTwitter等で情報解禁されていましたが、改めてイベント参加者みんなで「サバイバルゲームパック」のPV鑑賞をしました。先ほどの開発裏話を聞いたあとだと、少し違った視点で見ることができて面白いものです。
 今回追加されたアイテムは53種類。銃や壊れた壁、ドラム缶、ツタなど、まさにサバイバルゲームの世界をつくるのにぴったりなアイテムが追加されました。

ただアイテムが増えただけじゃない!注目の新機能

スクリーンの設置が可能に
 今までスクリーンの設置を行うにはUnityというゲームエンジンを使用してワールド制作をしなければなりませんでしたが、ワールドクラフトでだれでも簡単に設置可能になりました。この機能については待ち望んでいたユーザーが多く、設置ができるようになることを見越してもともとスクリーンを置く場所を決めたうえでクラフトしていたユーザーもいるほどで、この度やっと実装されたとあって非常に好評です。スクリーンは、大・中・小の3種類の大きさが用意されています。

持てるアイテム
 今回追加された銃や飲み物系のアイテムは、アバターの手に持つことができます。これによってワールドの演出の仕方や遊び方の幅がぐっと広がりそうですね。

椅子に座れるように
 椅子系のアイテム自体はワールドクラフトの初期リリース時からありますが、座ることはできませんでした。しかし今回のアップデートで椅子系のアイテムはすべて座ることが可能に。もちろん、既にクラフトしたワールドに設置してある椅子も含めて順次機能が適用されるとのことです。

➂イベント参加者限定企画・新アイテム「サバイバルゲームパック」を非公開の特別ワールドで体験

 そしてお待ちかね、イベント参加者限定の体験会が行われました!

 イベント会場「Cluster Creator’s Cafe」のワールドが一瞬にして荒れたサバイバルゲームの世界に変身。今回のみ特別に遊ぶことができる非公開のワールドです。新アイテムをふんだんに使い、新機能である「スクリーン」・「アイテムを持つ」・「椅子に座る」が体験できるワールドとなっていました。

 ワールド内には銃のアイテムがたくさん用意されていて、参加者は手に持って弾を打つことができまます。通常のワールドクラフトでは弾を打つことはまだできないため、今のところは体験会だけの特別仕様です。また、銃を青いドラム缶に向かって打つと当たり判定があってドラム缶が揺れたり、clusterのロゴを打つと音が鳴ったりとイベント参加者が楽しめる仕掛けがたくさんあり、あちこち銃を打ちあって会場は大いに盛り上がりました。

  さて、イベントレポートは以上となりますが「Cluster Creator’s Cafe NightCCCNight)」は今後も追加アイテムパックのリリースのたびに行われる予定とのことですので、今回参加できなかった方は次の機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 それまでは追加アイテム「サバイバルゲームパック」を存分に楽しみましょう!それでは、良きワールドクラフトライフをお過ごしください!

紅花/Koka

cluster新聞部記者。NPO法人バーチャルライツ公認第1期VR文化アンバサダー。芸術と教育分野に関心が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。