君も艦隊戦こと「Feindliche Flotte」を遊んでみないか?

ワールド制作者のガルペノさんから「ええんちゃう?」と許可をいただいたので 最近流行っているclusterの艦隊戦ゲームワールド「Feindliche Flotte」の今までの流れとこのワールドに対する思いを記事にさせていただきました。

 実は「Feindliche Flotte」はこの記事を書いている私、びすまるく びすまるくが監修として制作に関わっています。 私が監修として制作に関わるようになったのはガルペノさんに超軽く「戦艦ゲーム作れへん?」と声をかけたのがキッカケです。 ガルペノさんもあっさり了承してくれたのでワールド作りはガルペノさん、ゲームの方向性や戦艦の性能の数値化を私が担当し制作されました。

そしてワールド名の「Feindliche Flotte」はドイツ語で「敵艦隊」。読み方は「ファインッリッヒ・フロッテ」と私が名付けました。 ですが、名付け親の私が読み方を覚えられていないので「艦隊戦」と呼んでいます。

 ワールドが完成すると早速ガルペノさんはイベントを開催し、注目度は高かったのですがイベントが終わると間もなくユーザーはこのゲームワールドで遊ばなくなりました。 これにはガルペノさんは少し落胆していましたが、私はこうなることはわかっていました。それでも私は「それでいい。」と思っていました。 何故ならこのゲームワールドは私が「こんな感じのゲームワールドあったら楽しいなぁ。」とあくまで自分本位で製作されたゲームワールドだからです。

 「この楽しさを理解できるまでは時間が掛かるだろうし、気長に待っとけばその内遊べるし遊んでもらえる」と考えていました。 ですが、ガルペノさんからすればそうはいかないことも理解していました。

まぁ、それはそれとして月日が流れて「そういや艦隊戦(Feindliche Flotteのこと)やってねぇな。」とふと思ったのでフレンドを集めて久々に遊んでみました。 事前に声掛けなどせずに始めたので、フレンドに無理やり招待を送りつけて参加を促しました。そして強制的に参加させられたフレンド達と艦隊戦をやってみると、 楽しいこと!楽しいこと!そして対戦が終わると、「これ面白いなぁ……。」とつぶやくフレンドが数人いました。この時に私は「してやったり」でしたね。 人にはそれぞれゲームの好みやタイプがあります。この「Feindliche Flotte」は考え込むことが好きな人用のゲームワールドです。そうなるように制作しました。

「Feindliche Flotte」は2チームに分かれて戦います。1チーム最低でも艦長1人、砲手1人が必要になります。日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、4つの海軍に所属する戦艦を選び、対戦する海域を選び、天候を選び、戦況の変化に合わせて作戦も変える。 戦艦にはそれぞれ性能差があり、海域によっては戦艦の性能を発揮できないものもあります。天候によっては視界不良になり敵艦発見が遅れるかもしれません。 いくつも用意された選択肢の中で選び抜き、考え抜き、決断をする。その緊張感を是非味わって頂きたいのです。 私は「Feindliche Flotte」をそのように遊んでほしいと思います。

どうすれば勝てるのか?何故負けてしまうのか?戦艦の性能が良くないのか?自分の戦術が間違っていたか?味方の腕の問題か? それぞれの課題がある中で、どれを優先的に修正し、どれを後回しにするのか?その選択に間違いはないか? そのように悩みながらまた決断して次を迎える。そうやって少しずつ修正し、学び、成長していってほしい。 それが私の望みです。

 そしてこの私の願いと望みはただの目安です。この考えに従う必要性はありません。ですので、この記事を読み終わったら、この内容を全て忘れて下さい。 あなたの自由な発想で新しい「Feindliche Flotte」の攻略方法を見出すのを楽しみにしています。 もちろん、私にも好みはありますから「あなたの攻略方法や考え方は好きになれない。」と言うこともあり得ますけどね。

(寄稿:びすまるく びすまるく)

でんこ

Cluster新聞部所属、たまにDJやったりしてます。感動してすぐ泣く。いつもいつまでも仕事に追われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。